現地化石採集会  2018年

 

 台風20号の襲来で開催が心配だったけど、大きな被害もなく無事すぎてくれたので、25日現地で化石採集会を開催しました。東京からおばあさんの家に里帰りしてきたKさん親子と松阪から先日の化石レプリカに続いて参加してくれたMさん家族がありました。今日は大潮で海岸線も広がり抜群の環境でした。

貝化石や恐竜の歯の化石の見つけ方について簡単に紹介した後、さっそく化石探検にチャレンジです。浜も広かったので海岸線の地層を探ってみました。2年前にたくさんカラスガイ化石を発見したので、そのあたりを探ってみました。今回はなかなか見つからなかったけど小さいシジミの貝化石は発見できました。

 K君は恐竜化石発見現場のところを探って見たいということだったので大きな頁岩の割れ目を探ってみました。丸い巻貝の化石があるのが見つかったのでお父さんと一緒にタガネで探ってみた。何度もチャレンジして見事な巻貝の化石をゲットしました。Y君も一生懸命さがして貝化石を見つけました。今回は大変熱心な子どもたちで真剣に取り組んでくれるので感心しました。

 暑いときはゆっくり休養することも大事といって休憩しながらやりました。二日間の体験で夏休みの自由研究がしっかりできたといってくれました。採集した貝化石やアンモナイトのレプリカなどを並べて研究をまとめたいといってくれました。

 

 

2019年 夏休み体験教室の実施

 

鳥羽恐竜研究振興会では、夏休み次のような予定で化石レプリカ教室や現地化石採集体験会を実施します。ご希望の方は下記までご連絡ください。

 

鳥羽恐竜研究振興会 携帯090-4790-0559

 【化石レプリカ教室】

 

 

場 所 鳥羽歴史文化ガイドセンター中庭広場   鳥羽市鳥羽一丁目10-48

    鳥羽駅から約5

期 日 7月25日(木)、8月8日(木)、22日(木)

     時間は午前10時から12時まで

 経 費 無料です。

 

【現地化石採集体験会】現場の海岸で貝化石の採集を行います。

 

 

場 所 鳥羽竜化石発見現場 パールロード沿線、エクシブバス停より5

    駐車場は発見現場の看板より50m先の道路横広場にあります。 

期 日 7月31日(水)8月1日(木) 

    時間は10時から12時頃まで   ★台風や雨天の時は中止します。

 持ち物 水筒、帽子、ビニール袋  トイレは事前に近くの施設ですませてください。

 夏休みの化石体験学習会は終了しました。

連絡先 担当者 山下 直樹  携帯080-5103-1366

 

巻きがいの化石見つけたよ

8月12日の日曜日、少し雲が出ていたので鳥羽竜発見現場で化石採集をしました。大阪から親子連れが来ていただき一生懸命化石採集をしました。お母さんの取り計らいで安全なタガネを持つていました。転石や崖の一部を探していたら、黒っぽい化石が見えたので取りだしてみました。巻貝の化石が出てきました。なかなか素晴らしい発見です。小さな子供たちですが恐竜に関する関心は素晴らしいものです。この夏は福井から鳥羽への挑戦だそうです。

現場での化石採集会 2017年

 

恐竜化石現場で化石採集

 

716日の海の日に、松阪から親子で化石採集にやって来ていただきました。大変暑い日でしたが潮時もよく浜がよく引いていたので現場で化石採集を行いました。はじめ海岸近くで化石層を見つけてやっていたのですが、大変暑いので場所を変えて崖下の近くを探しました。そしたら近くに落ちている泥岩の中に貝化石が見つかりました。1年生の子が貝の模様がはっきりついている化石を発見。なかなか鋭い観察力です。続いてお兄ちゃんもハマグリぐらいの大きさの貝化石を見つけました。だんだん目が慣れてきて堅い泥岩の中から含まれている貝化石を見つけることができました。本日一番の素晴らしい形のものでした。お兄ちゃんも地層と化石の研究をしたいということなのですばらしい資料を発見することができました。合わせて地層を調べるために砂泥層の地層と砂岩の地層を見学しました。大変暑い日でしたが、木陰で休憩しながらやったのでいろいろと発見することができました。お兄ちゃんは「本物の貝化石が発見できていい研究ができる。」と喜んでくれました。728日、29日にも化石採集会を実施します。現場で11時から13時まで 申し込みは080-5103-1366

 

現場での化石採集

 

鳥羽竜化石発見現地での化石採集会 2017年夏

 

827日、潮の引きはあまり良くなかったのですが、伊勢から夏休みの思い出にと家族ずれで28人の皆さんが現地を訪ねてくれました。初めてだったので鳥羽竜化石の発見について簡単に紹介した後、浜に降りて貝化石の採集を行いました。はじめは砂浜で探していたのですが、なかなか探せなかったので貝化石の地層の岩を探しにいきました。するとお母さんが岩石の中にある貝化石を見つけてくれました。6年生のお姉さんもそれにつられて2個つながりの貝化石を見つけてくれました。ハンマーで取りだしてみるときれいな二枚貝の貝化石でした。もう一人のお母さんは岩の中に巻貝模様の化石を見つけて取りだそうとしましたが道具が足りずうまくいきませんでした。砂浜でも小さな子どもがリング状の巻貝の化石を見つけてくれました。潮の引きがよくなく時間も少なかったのですが、幸運にもきれいな貝化石が見つけられて楽しい機会でした。

 

楽しいフィールドワークの季節到来 2017年

恐竜化石発見現場も活動期になりました。今日は大潮で浜もよく引いたので化石探しに生きました。家族連れの方や伊勢の化石専門家にもお会いし、いい化石を紹介してきました。また、皆様も機会があれば現場をお訪ねください。

 

化石探検No2

  29日、潮時が大潮でよかったので、ガイドボランティアセンターの江崎さんと鳥羽恐竜化石発見現場近くの浜へ化石探検に行った。昨日、紹介していただいた砥谷の浜の奥まで行ってみた。ここもチャートや頁岩の岩脈が続いていた。

  白いチャートの大石はそれぞれの岬の角にあった。高さ10mもある大きなものだ。岩の表面にはヒトツバのシダの葉が根っこを伸ばしていた。

  黒っぽい頁岩の下をいろいろ探ってみたら転石の中にちいさなシジミのような貝化石と3cm余りの二枚貝の貝化石が見つかった。この周辺の石は地層が混ざり合うダービタイトの様子を示していた。

  カキのような貝がらがいっぱい詰まった地層も見られた。休憩がてら周りの景色を見てみると安楽島の弁天さんや菅島が見通せた。弁天さんも白い岩石が表面を覆い白いチャートの岩石を示していた。

これらの海岸はいずれも白いチャートの付加体が海底から押し上げられ岬や島を形どっているように思われた。

磯ではひじきがたくさん成長していました。五月ごろ収穫されるのではと思います。

ふくろのりや天然ワカメもたくさんありました。

 

三重県教育センター研修会の皆様をご案内

 10月28日、全国教育センター研修委員の皆様が鳥羽竜発見地を訪問してくれました。全国各県の教育センターの地学部門のスタッフの皆さんです。三重県立総合博物館の津村さんや中村学芸員が案内してくれました。私も現地スタッフとしてお手伝い。トバリュウの紹介と海岸に降りて化石採集をしました。時間がちょつと少なかったのであまり発見できませんでしたがさすが専門家の皆さんで大変研究熱心に採取をしました。この後朝熊山に行かれました。

木津川エコキッズの皆さんの化石探検 2017年

 

94日の日曜日、京都の木津川エコキッズの皆さん24名が鳥羽水族館を見学の後、鳥羽恐竜発見現場を訪れて化石採集をしてくれました。鳥羽竜化石発見の様子や現地での化石採集についてのポイントを化石ガイトボランティアに説明していただき現場の浜に降りて化石の採集をしました。今回は大潮で浜も広くじっくり探せました。砂浜の中から貝化石を見つけました。

 

当日現場で発見された貝化石、二枚貝と巻貝の化石

巻貝の化石は縦型で大変珍しい形になっていました。

(写真提供 木津川エコキッズ加藤)

化石探検ファミリー

 夏休みの最後の土曜日の27日、岐阜市から化石探検希望のファミリーが鳥羽竜発見現場に来てくれました。初めにトバリュウ化石発見のいきさつを紹介し、トバリュウと同じ時代に生きていた化石を見つけようと浜に降りることにしました。
 潮があまり引かない満潮時でしたが、貝化石や恐竜の歯の化石を見つけてみようと呼びかけると家族総出で波打ち際の浜を探し始めました。10分ぐらいすると子どもたちが巻貝の貝を見つけてくれました。お母さんも巻貝の貝化石の一部を見つけてくれました。一番下の女の子は歯の化石を見つけようといっしょうけんめいでくし状の石をたくさん拾ってくれました。お兄さんもお父さんと一緒に巻貝やかきの貝化石を見つけてくれました。
 わずか20分余りの時間でしたが家族のみんながいろんな化石を見つけてくれました。今回初めての体験でしたがたいへん楽しかったと感想をのべてくれました。午後2時からの採集だったので木陰もできて涼しく観察ができました。写真はみんなで見つけた貝化石です。