2018年【夏休み宿泊体験活動】

福井県立恐竜博物館を訪ねて

8月29日、朝から福井県立博物館を訪ねました。鳥羽竜の大たい骨の化石も展示されていました。世界に誇る恐竜博物館だけに展示も素晴らしいものでいっぱいでした。鳥羽にもこんな施設があるといいなあとも思いました。どんどん恐竜の世界が広がっていきました。

この後、永平寺も参拝し、夕方には鳥羽に帰りました。一泊二日でしたがたくさんの友達もでき、たいへん楽しい体験学習でした。

奥越青少年自然の家

28日、福井県勝山にある奥越青少年自然の家につきました。玄関で記念撮影しました。入所式をして、職員の方から使い方の説明を受けました。初めのあいさつも進んでてきました。

待ちに待つた夕食の時間です。みんなで準備し手おいしくいただきました。

土岐川での化石採集会

初めに訪ねたのは岐阜県土岐川での化石発掘体験でした。天気もよく探検日和でした。河川敷の大地に降りて、ハンマーとタガネで化石を見つけました。貝化石や植物の化石がたくさん取れました。お昼にはみんなでお弁当を食べました。

 

夏休み宿泊体験活動の出発

 

鳥羽恐竜研究振興会で企画した夏休み宿泊体験活動に市内の小学校からたくさんの6年生が31名参加してくれました。佐田浜駐車場で出発式をしました。団長の橋本先生から今回の体験活動の趣旨を確認していただき、「学校が違う仲間とともに進んでいろいろなことを体験してください。」と呼びかけていただいた。恐竜研究振興会の寺田直喜会長さんからも「たくさんの仲間と力を合わせて自分たちが興味や関心のあることを進んで調べてみてください。お世話いただく方にもお礼を言いながらいい経験を積んでください。」と激励していただきました。一泊二日の体験活動ですが、親元を離れて市内の他の学校の仲間と過ごす機会は貴重な経験です。保護者の皆さんも元気でいってくるよう見送りをしていただきました。

 

本日は岐阜県の土岐川で化石採集会をし、瑞浪市の化石博物館を見学し、福井の奥越高原青少年自然の家に宿泊します。今年も無事たくさんの思い出を残して無事終了しました。この体験で子どもたちも一回り大きく成長し、今後の活動に生かしていくことと期待しています。

 

 

期間 8月28日(木)、29日(金) 参加希望 31名

    瑞浪市化石博物館・奥越高原青少年自然の家・自然保護センター

   ・福井県立恐竜博物館・永平寺を訪ねます。

 スタッフ会議 8月 6日 

 スタッフ依頼 橋本満幸、池田裕冶、谷口 山崎、坂倉、世古、大川千恵美

 

【全体説明会】8月18日(土)午前9時から 鳥羽商工会議所かもめホール

       保護者と参加 行事で参加できない児童のために 19日再説明会

 

出発  8月28日 午前7時40分集合 鳥羽佐田浜駐車場 8時出発

帰郷  8月29日 午後6時

 ★宿舎 福井県大野市南六呂師169-8

     福井県立奥越高原青少年自然の家 電話0779-67-1321

 

市民文化祭での化石レプリカづくり

11月3日の 文化の日、市民文化会館で市民文化祭が開催されました。恐竜研究振興会でも化石レプリカづくりを実施。朝からお孫さん連れで来てくれました。「孫が恐竜に大変興味があるので」と一緒に化石作りをしてくれました。子ども達はなれたもので大変手際よく石こうで色水を作り、型に流しました。40分ほど乾かしたら大変きれいなレプリカができました。子どもたちも大変満足でした。この後も2組の子どもたちが来てくれました。大人の方も記念にとチャレンジしてくれました。みんな熱心にレプリカづくりに挑戦、いい機会を持つことができました。

 

夏休み宿泊体験活動

 

福井へ出発

 鳥羽恐竜研究振興会主催の夏休み宿泊体験活動の子どもたち31名が28日、鳥羽から福井へ向けて出発した。朝、佐田浜駐車場前に集まり出席確認と名札をいただき、寺田会長さんより「恐竜のことは皆さんにとっても大変興味深いこと、夏休みの思い出に友達といろいろな体験を」と激励のあいさつを受けました。

 橋本団長の「困った時はお互いに声をかけ合って安全に」の注意を受け、バスに乗りこみました。今日から一泊二日で岐阜県の土岐川での化石採集や福井県の恐竜博物館、永平寺を訪ねます。おうちの人に見送られながら元気に出発しました。帰りは29日午後6時の予定です。

 

土岐川での化石採集

 

土岐川での化石体験活動 (写真は小竹さん)

 

河原に降りて化石採取をしました。貝の化石や植物の化石がたくさんありました。掘るのにはえらかつたけど見つかるとうれしいものでした。化石博物館でもこの地域で取れる化石の勉強をしました。

 

九頭竜公園ドライブインでの恐竜

休憩したドライブインでは大きな肉食恐竜ティラノサウルスの親子が歓迎してくれました。実物そっくりなのでなかなか迫力がありました。

奥越高原青少年自然の家

 

奥越高原自然の家に到着

 

初めに玄関で記念撮影.二階で入所式をしました。各班であいさつをしました。ちょっと緊張しました。

 

楽しい夕食

 

みんなで夕食

今日の献立はカツでした。セルフサービスで配膳を受け取り、「みんなでいただきます」の声をかけました。おなかがすいていたので残さず食べました。

自然保護センターで天体観測

 

大きな天体望遠鏡で星の観察をしたりプラネタリウムで星の観察をしました。

自然の家での生活

 

各部屋での整理整頓もみんなで協力してやりました。みんなで一つの部屋の寝泊まりするのも楽しかったです。夜はたいへん涼しい環境でした。朝の体操

 

朝の体操をみんなでやりました。空気がさわやかで気持ちがよかったです。

次の日の出発は早くあっという間の宿泊体験でした。

福井県立恐竜博物館の見学

 

福井県立恐竜博物館を訪ねました。トバリュウの展示もされていました。

 

たくさんの恐竜の仲間が展示されていました。お土産も少し買いました。

大野城の見学

 

天空の城の別名を持つ大野城に上りました。登るのは大変でしたがなかなか見晴らしのいいところでした。天守閣があると城の値打ちが違います。鳥羽も参考にしたいですね。

 

子どもたちにとって夏休みの貴重な体験になりました。

 

体験交流活動の紹介

鳥羽恐竜研究振興会では、鳥羽竜化石の学習や自然、環境問題など多様な形で体験活動を推進しています。子ども達に進んで参加していただき、自分たちで課題を見つけ、仲間とともに協力し合って課題の解決を考えていく活動なども計画しています。ぜひあなたもお友達と誘い合ってご参加ください。小中学校や子ども会、青少年団体からの参加もOKです。

化石レプリカづくり

8月12日、学童保育「たんぽぽ」の子どもたちと化石レプリカづくりをしました。初めにトバリュウの発見の様子を紹介し、今年で20年になるので皆さんもこの機会に新たな発見に挑戦してほしいと呼びかけました。そして恐竜が生きていた時代とよく似た時代に生存していた三葉虫やアンモナイトの化石をつくり、その時代を想像してみようと紹介しました。

そして自分の選んだ化石の型に水を入れ、それに絵の具を溶かして色水を作りました。そして色水の1,5倍か2倍のセッコウを図って少しずつ色水の中に入れました。ソフトクリーム状になったセッコウを方に流して30分ほど待ちました。みんな一生懸命で色の具合を調整しながら作りました。セッコウが乾燥したら型からはがしました。みんななかなかの出来栄えでした。化石の名前と自分の名前を書いて保存しました。

Schedule

夏休み宿泊体験活動

鳥羽からバスで福井まで行き、途中瑞浪博物館見学や土岐川での化石採集体験活動などをし、奥越高原青少年自然の家で宿泊、大野城や福井県立博物館を訪ねます。

8月25日(木)26日(金)に実施。出発は25日午前8時会議所前

 

夏休み自然体験教室

安楽島の砥浜海岸で海浜生物の観察や貝化石の採集などを体験する。小さな魚やイソギンチャク、貝の観察ができます。

8月7日(日)、9月4日(日)に計画いずれも13時から14時頃

 現地で調査、希望の方は恐竜研究会までお電話を  ☎090-4790-0559

 

修学旅行での現場体験活動

修学旅行で訪れる皆さんに現場での化石採集体験活動を実施します。

6月3日 木津川市立高の原小学校

バス2台で69名の児童と7名の先生方が来てくれました。

6月8日 美濃山市立美濃山小学校

バス3台で111名の児童と8名の先生方が来てくれました。



鳥羽竜発見現場の海岸で化石採集体験活動、毎年来ていただいている美濃山小学校の皆さんは20人近くの友達がいろいろな貝化石を発見してくれました。中には二枚貝の大きな化石もありました。

 

鳥羽竜発見現場

Name 安楽島砥浜海岸

Street 県道750号線パールロード

City/ZIP 鳥羽市

お問い合わせ先

Email: momonki@amigo.ne.jp

Telephone: 090-4790-0559

鳥羽恐竜研究振興会


ダウンロード
鳥羽竜発見20周年記念講演会の案内
記念講演会の開催案内と現地化石体験会の案内
鳥羽竜発見20周年記念講演会の案内.pdf
PDFファイル 406.9 KB

体験活動アルバム

夏休み宿泊体験活動 下段は修学旅行の化石採集